スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございました!

8/30のライブイベントが無事終わりました。
そのレポートを当店ホームページにアップしましたよ。
http://www.ru-ji.com/

そして、このブログについてですが、
今後はホームページにその役割を移転しようと思います。
ですので、これからはホームページのトップに
ニュース記事だったり、ちょっとした読み物をアップしていこうと思います。

いままでこのブログを見てくださった方々、本当にありがとうございました。
そして当店ホームページをよろしくお願いします!
スポンサーサイト

いい本に出逢いました

最近、お客さんから教えてもらった本を買いました。

index.jpg

著者は女性の方で、
男のファッションやら立ち振る舞いやら人生などについて、
なかなか鋭い視点で書かれたエッセイです。
もう読んでいて共感する箇所ばかりでしたよ!
「世代の断絶はあって当然なのに、その溝を埋めたがって
若者に理解の手を差し伸べようとするオトナは気味悪い」
とかバッサリ言ってて笑えました。

「いい仕事は、90%の満足と10%の不満をもっているものだ。」
ていうのも、あ〜わかるって思ったし、
「職人は、手と、ファンタジアだ」
ていうのもいいお言葉。
この本、1989年出版でなかなか古いのですが、
僕は今読んでこそ面白い内容だなと思いました。
男女に関する内容も多く、今の時代にこんなこと言ったら
特定の思想をお持ちの方々から大批判されそうだな〜ってことも
いくつか書かれていて、でも妙に納得できたり…。
本当に、面白かったです!ありがとうございます!

あと、話は変わりますが、7月がすでにオーダーがいっぱいでして、
これからご注文の場合は、8月以降になってしまいます。
申し訳ございませんが、ご了承くださいませ。

エアコン設置完了

150616-1.jpg

昨日、当店に2台目のエアコンがきました!
このところ暑い思いをさせてしまってすみませんでした。
これからはようやく、ちょっとは涼しくなります。

で、話は変わって今日、待ちに待った写真集がとどきました。

150616-2.jpg

サプールです!
コンゴで、決して裕福な訳ではないけど高級ブランドで身をつつみ、
洗練されたスタイルを見せつけながら歩くあのサプールの人々を撮った
写真集です。

元々海外の本なのですが、つい先日、日本語版が出たのです。
日本版がでるだいぶ前、
amazonでこの本(英語版)を検索したら
かなりのお値段で(古本で5万!新品で18万!!!)
その数字を見て僕は一瞬であきらめてしまいました。
それから月日は経ち、
もう忘れてかけていたころに、この日本語版発売の情報が入ってきて
しかも2400円ぐらいで即アマゾンで予約!
で今に至ります。
良いですね!カッコよろしいです。
自宅に持ち帰って穴が開くほど見ることにします!

この頃の暑さにはエアコンも参っています

150612.jpg
このエアコン、移転前の小さな店舗で使っていたものなのですが、
今の広い店舗じゃ力不足…
そりゃ22坪を、
この小さなエアコン1台で冷やすなんて無謀ですよね。
わかってはいたのですが、
でもこれ1台で快適に過ごせる日もたまにはあったりして、
一応いけるとこまで使おうと思っていました。
しかしもう限界。
業務に支障が出るレベルになってきましたので、
この前広い部屋用のエアコンをたのみました。
この時期業者も混んでいるらしく(やっぱり)
来週15日に取り付けする予定です。
(これでも全然思ってたより早いです)
あ〜とっても楽しみ。
涼しくなれば仕事のはかどり様も大分変わりますからね。

自分のためにシャツをつくりました

150528-41.jpg

お店のユニフォームとして新しくシャツが欲しいなーと思っていたので、
自分自身のためにシャツを作りました。
仕立て屋らしく、体に丁度合うぼくのためだけの形になっています。
オーダーメイドというと、サイズぴったりにつくる
ということばかりが語られがちですが、
フルオーダーの場合は
もっと細かいところも細工しています。

例えば僕はイカリ肩で猫背なのですが(それがちょっとコンプレックス)
ベーシックなシャツのパターンだと
下の写真のような感じになります。
150528-11.jpg

まず前見頃と後見頃のつなぎ目の線がありますよね。
この線の傾斜が浅くて、イカリ肩が強調されてしまっています。
で、この線の傾斜を1.5cm深くしたのが今回のシャツ。

150528-21.jpg

いかがでしょうか。
シルエットは変わっていないけど、
肩のラインがゆるやかになって
イカリ肩っぽさは緩和されているのではないでしょうか。

こんな感じで、服っていうのは目の錯覚でいろんな見え方をしますよね。
柄によって太って見えたりとか、えりの大きさによって華奢に見えたり。
そういう錯覚を利用するのもフルオーダーの醍醐味ですね。

150528-51.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。