スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーダーの参考に

1408012.jpg

140801.jpg

生成りのシーチングで仕立てられたサンプルです。
オーダーの参考になればいいなと思って作りました。

1408013.jpg

ビビットな柄の上から透け感のあるオーガンジーを重ね、
落ちついた雰囲気、かつ奥行きのあるものに仕上げました。


【営業時間、定休日変更のお知らせ】
8/10(日)より、下記の通り変更します。

OPEN 9:00 〜 CLOSE 20:00
定休日 日・月曜日


ご了承くださいますようお願い申し上げます。
スポンサーサイト

ある舞台の衣装を4

今回で4回目になるanshare project主催の演劇。
今回も田仲洋服店が衣装提供しました!

20140224.jpg

今回はですね、
なんと!
予告動画があるのです!!



この力の入れ様、尊敬します。
そもそも、同級生のK君(演劇の主催者)がいなければ、
僕の人生の中で演劇を見る機会ってほとんどなかったと思う。

こう、実際に足を運んで生で見るのって、
なんかいいよな〜って
以前より強く思うようになりましたね。

生地に惚れる

131110-02.jpg

131110-03.jpg

僕は服のデザインを考えるとき、
まずは生地を見てそこから発想することが多いんだけど、
このシャツも同じく、生地に一目惚れだった。

柄がどことなくバウハウスっぽかったから、
ミニマムな感じがしっくりくるだろうな〜と思って、
台えりを無くして、えりの脇にはステッチを入れず、
カフスは直角、すそもまっすぐ平行にしました。
男性でも女性でも着やすいデザインですね。

新作のお知らせ(2013 AW)

131110-01.jpg

無地のシャツというのは、
色に関して極めて繊細なアイテムだと思う。
ちょっと色が濃かったり、発色が良いだけで
着ることに抵抗を感じたりする。

今回の新作のシャツは、色の微妙なさじ加減を
後染め加工で調整しました。
濃い色味の染め粉を通常の2倍薄めて、染める時間を増やす。
そうすることで、淡くもなく渋すぎない
微妙な色味を出す事が出来るのです。

オレンジ、グリーン、ブルー、
これらの色は、シャツではなかなか着こなしの難しい色だけれども、
色味を調整すればこの通り、
味のある着やすい色になるのです。

全てホワイト

今週末開催される産業まつりに、
田仲洋服店が携わったプロジェクトが
出展されます。

プロダクトブランド「4na4na」の
いちプロジェクトとして、
「REIFUKU」を立ち上げました。
詳しくはこちらのフライヤーを見てみてください↓
(画像クリックで全体が見られます)
1380780_630367280347244_1999281027_n.jpg

HP http://tanakarf.com

全てホワイト。
清い!

workb.jpg

産業まつりは、10/26土、10/27日の2日間、
奥武山公園内で開催されます。
(画像クリックで全体見られます↓)
1380020_550796618325409_14919881_n.jpg

ぜひぜひ、遊びに来てくださいませ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。