スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューコレクション!

遂に本日、コレクションを発表しました!
2011-12 COLLECTION

今回のコレクションは、ロココ時代のドレススタイル
「ルトゥルーセ・ダン・レ・ポッシュ」
をテーマに掲げています。
(また今回もロココですが…好きなんです、この時代のファッションが)

でもファッションとか音楽とかアートとかって、
あまり説明的すぎると興ざめすることもあるので、
内容についてはあまり触れないでおこうかと思います。

ちなみに「ルトゥルーセ・ダン・レ・ポッシュ」というのは
ローブの両端を腰の位置にあるスリットから引き上げる
特徴的なスタイルなのですが、
この着方は、当時流行っていた田園の散歩などで
ドレスが邪魔にならないよう動きやすくする為に考案された
実用的な着方なのです。
現代風に言えば「貴族のストリートスタイル」ってところでしょうか。

ドレス_convert_20110623215424
画像引用元:KCI

この時代の派手なドレスにも「ちょっとした機能」があって、
尚かつその機能自体がスタイルになっているってところがおもしろい。

そして僕はそのことについていろいろと思いはじめ、
あれこれ考えているうちに、今回のコレクションの着想に至りました。



内容に触れないと言いつつそこそこ説明してますね。
まあそういう感じです。


僕は、何かを作っているときは
自然と音楽が脳内再生されていたりするのですが、
今回はこれを再生していました。
Prefuse 73 : Suite For The Ways Things Change

カットアップでつくられたヒップホップという感じですが、
どこかエレガントでもあり、憂鬱でもある。
この空気感が、ロココ時代と現代をミックスした感じに聴こえなくもない。
もし仮にショー形式でコレクションを発表するなら、この曲を使うかも。

少し長くなりましたが、今回のコレクション、
じっくり見てもらえたら、
そして何か感じてもらえたなら、
僕はとても嬉しいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。