スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おすすめの本

久しぶりの更新です。
ここ最近は生地屋巡りをしまくっていました。
僕は新しく何かを作るときは、スケッチを書くよりも、実際の素材を見て
イメージが湧く事がほとんどなので、こういうことはよくします。
ー近況報告終わりー

今回はちょっとファッションから離れて、おすすめしたい本があるので
それを紹介しましょうか。

「陰翳礼讃(いんえいらいさん)」 著者:谷崎 潤一郎

いんえいらいさん

一言で言えば「日本の美意識」について書かれた著書。
なんだか堅苦しそうなタイトルですが、内容はそんなことはないです。
(いや、ちょっと堅いかも…)

かつて日本の家屋には部屋の明かりは行き届いておらず、
昼間でも闇が身近にあった。
西洋がピカピカに磨かれた食器を好むのに対し、
東洋は鈍く光るような深みのあるものを好む。
特に漆器は薄暗い空間でこそ美しさを発揮する…
大分端折りましたがこういう内容です。
「日本の美意識は闇にある」という考察に目から鱗が落ちました。
他にも生活全般にある美意識について書かれています。

読んだ後は、生活の中にあるいろいろなモノに対する見方が
変わるかもしれません。
おすすめです!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。