スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古着屋さんで出逢った一品

昨日、撮影が終わった後に
古着屋「AMERICAN WAVE」に行ってきました。
このお店、港川外人住宅に最近開店したばかりで、
(オハコルテの向かい)
店内は高級感のあるきれいな内装でした。
商品は古着や雑貨、アクセサリーなどいろいろ。
手頃な価格のものもあれば、
ちょっとびっくりする値段のものもありました。

商品を見てかなりテンションがあがった僕ですが、
そんなときでも財布の中身に関しては冷静沈着。
衝動買いはしない自信がありました…

でもですね…

職業柄といいますか、
これはスルーできなかった…
買いましたよ。
60年代のヴィンテージの生地を。

140130−1

柄が素敵!
古着全般にも言えることだけど、
年代物は柄が独特の雰囲気を持っていますよね。
シンプルなチェックでも何かが違う。
これでジャケットとかシャツとか作ったら
素敵なものになるだろうな〜
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。